はるぱり・そんぐす🎈

東京パリカのブンガク恋慕 はるぱり XII? 

『タレンタイム』とあかるい雨

きんようにみんな(たくさんのがくせいたち)の顔をみたからなのか 

きのうすてきな映画をみたからなのか 

そういうながれだからなのか 

あかるいきょうの雨の白い光のせいなのか 

 

とてもきもちがおだやかだ

 

 

 

 

ゆめをみた

 

 

わかいころに何年も

 

 

そばにいてくれたひとにあった

はじめて自分のそばにいてくれたひとのゆめだった

 

あったというか

そのひとはただそこにいて

向きあって立っていた

 

 

もうずいぶん時がながれたから

もう知らないひとみたいにもおもえるけれど

いつかふたりでおだやかに立っていたときの

その感覚はゆめのなかでもかわらなかった

 

 

おだやかに言葉すくなにはなしをした

そのひとといたころは

わたしは言葉が今よりずっと

すくないほうだった

そのひとはとてもしずかなひとだった

 

 

そのひとはわたしをうえからのぞきこむようなかたちで

わたしはうえをそっとみあげるようなかたちで

なんでもないはなしをした

 

ふたりともほほえんでいた

おだやかな日々の感覚の記憶とともに

 

 

 

 

 

いつまでもつづくおわりが

すこしずつおわっていく

 

 

ゆめのなかにおとずれたのは

ひとつのまあるい

おわりだった

 

 

まあるいかたちのおわりのゆめは

わたしをはげましにきたのかな

 

 

きょうのあかるい雨の白い光が

いまにもきえそうなゆめの

なごりをそっとてらしているみたい