はるぱり・そんぐす🎈

東京パリカのブンガク恋慕 はるぱり XII? 

流れる水のように comme l'eau qui coule

もっと流れる水のように

いられるのかもしれない

 

 

重いからだを起こして出かけて帰ってきて

しばらくしておなかがすいてきたころに

ふとおもった

 

出かけた先で公園へ足をのばし

桜を映す水面をみるともなくみてきたからかもしれない